読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或阿呆のブログ

Pythonを好んで使っているプログラマです。Ruby,Perl,PowerShell,VBAなどでもたまに書いています。おバカなことが大好きです。

ダーツを本格的にはじめました

ダーツのカテゴリなんかも作ってみちゃったりした。後々は、ダーツのブログを別個に作ってそちらに移行させたいと思う。ひとまず、当ブログに書き溜めておこう。

私がダーツに知り合ったのはかれこれ10年以上も前になる。25歳のときだったと思う。初めて就職した会社の仕事の都合上で新横浜に住むことになった。そのとき、マイミクの誰かがダーツをやっているというのを見て、その練習現場に興味本位でお邪魔したことがきっかけ。ダーツライブというオンラインのシステムを使ったソフトダーツがあるということを知った。手軽にゲームが出来、日本中*1のプレイヤーとデータを共有しながら楽しめるということは画期的だと思った。おそらく流行るだろうなと思った。

それから1年、私はそれなりのペースでダーツをやっていった。そこまでのめり込むわけでもなく、そこまで強くなるでもなく、細々と続けていた。ちなみに、私が通っていたダーツバーは、Yokohama honey's cafeというところで、横浜でも知る人ぞ知る、強豪プレイヤーが集まるお店だった。当時よく来ていたお客さんの中にはプロになった人もいるくらいだ。

そして、仙台に転勤することを境にダーツ熱は冷めていった。仙台はあまりダーツが盛んではなかった。もちろん、仙台の街中へ行けば、それなりにダーツバーがあるのだが、それほどレベルが高いわけでも無く、かつ、自宅から遠いということもあり、あまり投げに行くことも出来なくなってしまった。

それから8年くらい経過し、友人が黒川郡大和町にダーツバーが出来たという連絡をよこした。2016年10月くらいのこと。大和町は、車で15分で行ける。ふっかさんというお店だ。もともとはダーツバーじゃないんだが、ダーツマシンを置いてから、それを目当てに来るお客さんが増えて、今ではそれなりにお客さんがいる。強いプレイヤーは居ないのだが、皆真面目で、なかなかセンスも良い。いずれみんな強くなるだろうという予感を感じさせてくれた。Yokohama honey's cafeでは、強いプレイヤーにダーツを教えて貰う側だったが、ふっかさんでは、皆でダーツをしながらあれやこれやを考える。初心者も多いので、教える側になることも多くなった。能動的にダーツをやるようになって、ダーツが楽しくなった。気に入ったので、今では毎日ダーツをやっている。ダーツ漬けの日々だ。

これからが非常に楽しみだ。

*1:後々は世界中

英語って合理的な言語だよな

Google bloggerのエディタを見ていて思った。スペルチェックという機能がある。bloggerは元々海外で始まったサービスだ。海外ではそこそこ使用者が多い様子。日本では一向に流行る気配がない。なので、日本向けにローカライズされていない部分が多々あるという推測が成り立つ。

英語の文章は、アルファベット27文字といくつかの記号で構成される。単語と単語には空白が入る。日本語と比べると、文字と文字の組み合わせパターンが非常に少なく、かつシンプルだということがわかる。だからこそ、スペルチェックなんていう機能が実装出来るんだろう。日本語で、文章の文法が正しいかどうかのチェックする機能を提供するには、そう簡単には行かないだろう。。。

英語が、正解中で普及している理由の一つがわかった気がする。

ロカビリー聴き放題のインターネットラジオがめっちゃ助かる。

昔はCDとか買っていたんだけど、今は買えない。何といっても高い。すぐ飽きるし。ラジオならDJが曲をセレクトしてくれるから楽。聴いたことない曲もたくさん。ロカビリー大好き。
例えば、これな!
www.internet-radio.com

DC電源 ユニバーサルアダプタ コネクタ ジャック #Amazon

Amazon

これやばい。。。ほとんどのPCの電源に対応していそう。

パソコンの薄型万能電源アダプター #Amazon

Amazon

中古パソコンをよく手に入れるのだが、電源アダプターが合わないことが多いので。。。

民事訴訟の賠償金を支払わない件

法律

2ちゃんねるの元管理人の西村博之(ひろゆき)さんが年収が1億円以上あるのも関わらず、民事裁判で敗訴した賠償金、制裁金を1円も支払わない事は有名ですね

現在の制裁金、賠償金額は10億円を超えているそうです

一部、印税の数百万円や、銀行口座差押えで十数万円は強制執行で取り立てられたそうですが、他の十億円以上の賠償金は現在も払っておりません

西村博之(ひろゆき)が民事裁判で敗訴した賠償金10億円以上を払わない件 - FX★スイスショックでロスカット!追証5000万円払えずライブスター証券FX業者に裁判所へ訴えられた男の、婚約解消→敗訴→破産→自殺までの裁判実況&スイスフランショック情報共有ブログ★大損

ちょwww

日本の民事訴訟はこんなもんです。
銀行口座を特定するのは面倒です。

一番差押えしやすいのは給与債権でしょうか?
但し、給与債権は給与の4分の1までしか差押えが出来ない。

自営業者の場合はどうなんでしょうか。
売掛金を差押えるしかないですね。

Googleアドセンスの広告費がGoogleアイルランド法人から振込まれて来るが、実際に差押えたことがある人はいるんでしょうかね。

慰謝料請求されてすぐに払うアホとかおる?

法律

「裁判官が金額を示したのだから仕方がないか」と諦めたサラリーマンだけがアンハッピーなのですが、彼は自分がどれだけひどい目にあっているか知るよしもありません。
裁判官の弱い者いじめ?|弁護士 荘司雅彦|note

慰謝料を請求されてもびびらないこと。
だって、死刑になるわけじゃないでしょ?
前科が付くわけじゃないでしょ?

そもそも、悪いことしていないんですから。

結果はどうでもいい。負けてもいい。まぁ、負けても払わないが。

相手に最大限の出血を強要する。
硫黄島の戦いだって、勝とうとして戦ったわけではない。
アメリカに最大限に犠牲を払わせて、世論が戦争に厭世的になるのを狙っていた。

何を目的にするかによって戦い方は変わってくる。

JavaScript->ElectronでデスクトップGUIアプリケーションを作成する #JavaScript #Electron

JavaScript

今まではhtaを使って来た

今まではhtaを使って来ました。理由としては、Windowsでなら環境構築不要で使える点、GUIをHTMLで書けて、ロジックをJavaScriptで書けるし、手軽だから。

htaの弱点

  • GUIがダサい
  • Windowsでしか動かない
  • 書籍の情報が少ない

などです。

手軽に書けるというのはメリットなんだけれども。。。

Electronとは

Electron - Build cross platform desktop apps with JavaScript, HTML, and CSS.

Electron とは(旧:Atom Shell)とはHTML5/JavaScriptなどWeb技術で実装されたアプリを実行するためのクロスプラットフォーム実行環境です。
NW.js と同様に、Chrominum と Node.js をベースにしています。最近、Microsoft からリリースされた Visual Studio Code も Electron で開発されています。
Electron で実現するクロスプラットフォームなデスクトップアプリ開発 – iroha Tech Note

マルチプラットフォームで動くのが有難い。ワンバイナリで実行出来る、つまり環境構築が不要なのもありがたい。

インストール

当方の環境はWindows10

nodeのインストール

まずは、node.jsをインストールする。
http://nodejs.jp/nodejs.org_ja/docs/v0.10/が説明に詳しい。

Electronのインストール

npmからElectronをインストール

$npm -g install electron-prebuilt

Electronでアプリケーションの作成

$cd
C:\Users\oneshot\js

$mkdir hello

$cd hello

以下の感じのJSONファイルが出来上がる

$npm init -y
Wrote to C:\Users\oneshot\js\hello\package.json:

{
  "name": "hello",
  "version": "1.0.0",
  "description": "",
  "main": "main.js",
  "scripts": {
    "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
  },
  "keywords": [],
  "author": "",
  "license": "ISC"
}

フォルダ構成

こうなるのかな。

your-app/
├── package.json
├── main.js
└── index.html

Hello,World!を出力してみる

main.jsの記述内容

Quick Start - Electronから拝借致しました。

const {app, BrowserWindow} = require('electron')
const path = require('path')
const url = require('url')

// Keep a global reference of the window object, if you don't, the window will
// be closed automatically when the JavaScript object is garbage collected.
let win

function createWindow () {
  // Create the browser window.
  win = new BrowserWindow({width: 800, height: 600})

  // and load the index.html of the app.
  win.loadURL(url.format({
    pathname: path.join(__dirname, 'index.html'),
    protocol: 'file:',
    slashes: true
  }))

  // Open the DevTools.
  win.webContents.openDevTools()

  // Emitted when the window is closed.
  win.on('closed', () => {
    // Dereference the window object, usually you would store windows
    // in an array if your app supports multi windows, this is the time
    // when you should delete the corresponding element.
    win = null
  })
}

// This method will be called when Electron has finished
// initialization and is ready to create browser windows.
// Some APIs can only be used after this event occurs.
app.on('ready', createWindow)

// Quit when all windows are closed.
app.on('window-all-closed', () => {
  // On macOS it is common for applications and their menu bar
  // to stay active until the user quits explicitly with Cmd + Q
  if (process.platform !== 'darwin') {
    app.quit()
  }
})

app.on('activate', () => {
  // On macOS it's common to re-create a window in the app when the
  // dock icon is clicked and there are no other windows open.
  if (win === null) {
    createWindow()
  }
})

// In this file you can include the rest of your app's specific main process
// code. You can also put them in separate files and require them here.

index.htmlの記載内容

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>Sample</title>
</head>
<body>
  <p>Hello World</p>
</body>
</html>

Electronで作成したアプリの実行

$cd
C:\Users\oneshot\js\hello

$cd ../

$electron hello/

こんな感じで出来た。
f:id:oneshotlife_tom:20161124023354p:plain
お洒落だね!!!

faviconとか付けて改造したくなる。

Electronについてもっと知りたい方は

Cross-platform Desktop Applications: With Node, Electron, and Nw.js

Cross-platform Desktop Applications: With Node, Electron, and Nw.js

まだ発売されていないけど、本格的な書籍っぽいですね。

内容紹介もしておきます。

内容紹介
It's tedious and time-consuming to create OS-specific versions of every desktop application, especially with different set of tools for each platform. NW.js radically simplifies desktop development, providing a true cross-platform development stack built on HTML, CSS and JavaScript, Node.js modules, and the Chrome Blink engine. NW.js applications interact with the host operating system just like any other platform-native project, so developers have full access to all local files and resources. The performance is great, and best of all, it saves developers time because they only have to write one version of their application.

Cross-Platform Desktop Applications guides readers step-by-step as they learn to develop NW.js desktop applications that run on Windows, OSX and Linux. They begin by getting the big picture of what NW.js can (and can't) do. Readers test drive NW.js as they build their first desktop application. Next, they find out how to take advantage of OS- specific features like menus, system-tray apps, clipboards, and the file system. Along the way, this book teaches how to debug errors and diagnose performance bottlenecks with NW.j's browser developer tools, package an application as a standalone executable for each OS, and even distribute it to various app stores. The book gives developers the inspiration and skills they need to code pro quality desktop applications using the web languages they already know.

Purchase of the print book includes a free eBook in PDF, Kindle, and ePub formats from Manning Publications.

著者について
Paul Jensen is the founder of Anephenix, a Node.js consultancy. He is also the Lead Developer of the SocketStream web framework, and the creator of Dashku, a realtime dashboard solution.
||

Google翻訳で訳した結果も転載しておきますね。
>||
内容紹介
すべてのデスクトップアプリケーションのOS固有のバージョンを作成するのは、特にプラットフォームごとに異なるツールセットを使用すると面倒で時間がかかります。 NW.jsは、デスクトップ開発を大幅に簡素化し、HTML、CSS、JavaScript、Node.jsモジュール、Chrome Blinkエンジンをベースにした真のクロスプラットフォーム開発スタックを提供します。 NW.jsアプリケーションは他のプラットフォームのネイティブプロジェクトと同様にホストオペレーティングシステムとやりとりするため、開発者はすべてのローカルファイルとリソースに完全にアクセスできます。パフォーマンスは素晴らしく、何よりもアプリケーションのバージョンを1つ書くだけで済むため、開発者の時間を節約できます。

クロスプラットフォーム・デスクトップ・アプリケーションは、Windows、OSX、およびLinux上で動作するNW.jsデスクトップ・アプリケーションの開発を学ぶ際に、読者を段階的にガイドします。彼らは、NW.jsができること(そしてできないこと)を大きく把握することから始まります。読者は、最初のデスクトップアプリケーションを構築する際にNW.jsドライブをテストします。次に、メニュー、システムトレイアプリケーション、クリップボード、ファイルシステムなどのOS固有の機能を利用する方法を見つけます。この本では、NW.jのブラウザ開発ツールを使用してエラーをデバッグし、パフォーマンスのボトルネックを診断する方法、各アプリケーションのスタンドアロン実行可能ファイルとしてアプリケーションをパッケージ化する方法、さまざまなアプリストアに配布する方法について説明しています。この本は、既に知っているWeb言語を使用してプロ品質のデスクトップアプリケーションをコーディングするために必要なインスピレーションとスキルを開発者に提供します。

印刷本の購入には、Manning PublicationsのPDF、Kindle、ePub形式の無料eBookが含まれています。

著者について
Paul JensenはNode.jsのコンサルタントであるAnephenixの創設者です。 SocketStream Webフレームワークのリード開発者でもあり、リアルタイムのダッシュボードソリューションであるDashkuの作成者です。

最近のGoogle翻訳の精度は凄い!!!