或阿呆のブログ

Pythonを好んで使っているプログラマです。Ruby,Perl,PowerShell,VBAなどでもたまに書いています。おバカなことが大好きです。

PyCharm Community Editionを使ってみた。

PythonIDEの中でも評価の高いPyCharmであるが、以前(ver2.x)は有料だったので試用してみたものの結局は購入しなかった。ディスカウントされて1万ちょっとだったので、買っても良かったのだが。。。

久しぶりにのぞいてみると、3.0がリリースされているではないか!久しぶりにメジャーバージョンリリースで興奮した。特徴的なのは、オープンソースつまりfreeのバージョンと、商用の有料バージョンが分かれていたところ。

さっそく、無料のほうの、PytCharm Community Editionを使ってみた。

ダウンロードは、
Python IDE & Django IDE for Web developers : JetBrains PyCharm
から。

当方の環境は、

です。

インストールは難なく進んで、

PyCharmを起動

f:id:oneshotlife_tom:20131001225200j:plain

新しいプロジェクトの作成

お決まりのHelloを・・・。
f:id:oneshotlife_tom:20131001225431j:plain

OKを押すと、インタプリタのパスを聞かれた。
ということは、2xと3x設定したり、バージョン違いのインタプリタを設定出来るということですね!
f:id:oneshotlife_tom:20131001225513j:plain

ファイル追加

Helloプロジェクトにhello.pyを追加
f:id:oneshotlife_tom:20131001225823j:plain

てきとーに、print文を書いてみた。コード補完が良い感じ!

print "Hello,PyCharm!"

Run!

f:id:oneshotlife_tom:20131001225949j:plain
使い易い!!!