或阿呆のブログ

Pythonを好んで使っているプログラマです。Ruby,Perl,PowerShell,VBAなどでもたまに書いています。おバカなことが大好きです。

LiveCD Linux(Slax )の作り方

起動しなくなったPCがあるので、LiveCD作ってみようと思った。

まず、基本的なことの確認。最近のパソコン、特に記憶容量が大きくなって以降のパソコンはなぜに記憶容量が大きいかというと、HDD(ハードディスクドライブ)が搭載されるようになってからと言っても過言ではない。OS等も、HDDに入っている。HDDの読み込みに何らかのトラブルがあった場合は、OSが起動しない。

電源をONしてもOSが起動しない場合、CD/DVDドライブが動くならば、CD/DVDからシステムを起動させることも可能。OSが読み込める形式のファイルのひとつとしてISOイメージファイル(.iso)がある。((この辺の説明は、あまり上手く無いし、厳密には間違っているかも。)それを、CD/DVDに焼く方法を書く。

まずは、ISOイメージファイルをDL。

ちなみに、Linuxには様々なディストリビューションがあるが、実績があって、軽量で、知名度の高いものということでSLAX - Wikipediaを選んだ。

DLは、Slax Linux - your pocket operating systemから。
f:id:oneshotlife_tom:20131018193502j:plainf:id:oneshotlife_tom:20131018193507j:plain

ファイル名は、以下のような感じ。バージョン等により異なる場合あり。通常のアプリケーションを操作する場合において、ファイル名って厳密に覚える必要はないんだけど、ファイルの読み書きをする場合は、厳密に意識しないとダメ。例えば拡張子とか。

slax-Japanese-7.0.8-i486.iso

ちなみに、Windows7で拡張子を表示する方法は以下。
ファイルの拡張子を表示する|Windows 7 (ウィンドウズ 7)|Microsoft atLife TIPS アーカイブ
XPとちょっとやり方が違うので最初は戸惑った・・・。エクスプローラ開いた状態でも、デフォではメニューが表示されないのね・・・。Alt押さないとね。

CD/DVD ライター

要は、CDに書き込むソフトのこと。PCに付属しているのでもいいんだけど、基本的にあまりソフトの入っていないPCを使っている俺は良質なフリーソフトをたくさん知らないといけないので、常にリサーチしている。

Free Burning Software and DVD Copying Software - Burnawareというソフトが素晴らしく良い。んで、わかりやすい。

どこがすごいかというと、、、起動するとこうなる。アイコンがわかりやすい。今回はBootメディアなんで、ピンク色で囲った「Burn Image」を選択する。
f:id:oneshotlife_tom:20131018200434j:plain

すると、全画面でこんな画面が・・・。フォルダパスを入れるエリアがあり、ブラウズボタンがその横にある。
f:id:oneshotlife_tom:20131018200502j:plain

そこで、先ほどDLしたファイルパスを設定する。この辺を設定するにあたり、ファイルパスだとか、ファイル名、拡張子については厳密に知っておかないといけないことがわかる。
f:id:oneshotlife_tom:20131018200630j:plain
あとは、右下の「Burn」ボタンを押すだけ。

これが書き込み中の画面。この辺から、ドライブがぶ~んと回っている音がすごい・・・。
f:id:oneshotlife_tom:20131018200832j:plain

待つこと1~2分。鳴りやんで、ディスクが出てきて、完了。
f:id:oneshotlife_tom:20131018200918j:plain

あとは、使うだけ~。
f:id:oneshotlife_tom:20131018200744j:plain