或阿呆のブログ

Pythonを好んで使っているプログラマです。Ruby,Perl,PowerShell,VBAなどでもたまに書いています。最近はスロット放浪記やってます。。

unameでシステム情報を確認

Linuxつかっている人だと、意識的にシステム構築した人が多いと思うが、仕事でやむを得ずLinuxを使うようになった小生などは、意外とわからないことだらけだ。

unameコマンドでシステム情報を出力しつつ、用語の理解をしたい。

uname -a:システム情報すべて

$uname -a
Linux oneshotlife 3.5.0-17-generic #28-Ubuntu SMP Tue Oct 9 19:32:08 UTC 2012 i686 i686 i686 GNU/Linux

すべて出力すると、どこがどこだかわからんよねという・・・。同じ単語がたくさん出てくるし。

uname -s:カーネル

$uname -s
Linux

Linuxっていうのは厳密にはOSじゃなくてカーネルのことだからねぇ。

uname -n:node名

$uname -n
oneshotlife
$hostname
oneshotlife

nodeというのは聞きなれない言葉かもしれないけど、枝のこと。この場合、usernameとかアカウントとかホストネームとかと同義。

uname -r:カーネルのリリース

$uname -r
3.5.0-17-generic

これバージョンじゃないのか・・・。マニュアル誤記?

uname -v:カーネルのバージョン

$uname -v
#28-Ubuntu SMP Tue Oct 9 19:32:08 UTC 2012

こっちがリリースじゃないのか?

uname -mpi:カーネルのマシン名、プロセッサ名、プラットフォーム名

$uname -mpi
i686 i686 i686

この辺の用語の違いはよくわからんのだけど、同じ出力なんでまとめた。

uname -o:OS名

$uname -o
GNU/Linux

マニュアルの説明があっていれば、Linuxっていうのはカーネルで、GNU/LinuxってのがOS名のようだ。
Ubuntuって言うのは、GNU/LinuxっていうOSのディストリビューション。この辺厳密に使い分けている人は少ないけど、概念上はそうらしい。

新Linux/UNIX入門 第3版 (林晴比古実用マスターシリーズ)

新Linux/UNIX入門 第3版 (林晴比古実用マスターシリーズ)

林晴比古さんの書籍でけっこう新しめのが出ておりますね。