或阿呆のブログ

Pythonを好んで使っているプログラマです。Ruby,Perl,PowerShell,VBAなどでもたまに書いています。最近はスロット放浪記やってます。。

スクリプト言語の啓蒙活動

Webプログラマなら話は違うかもしれないけれど、組込系プログラマとかやっていて、Perl,Python,Rubyやってますと面接で言うと、

うわぁ・・・

みたいな目で見られる。

愛読書は?と聞かれて、官能小説とかライトノベルと答えたとき並の、あの上から目線が嫌だ。

確かに、C/C++とかJavaなんて言っておけば無難に受け取られるんだろうし、VisualStudio使えますだとか、Eclipse使えますだとか、Linuxコマンドは完璧とでも言っておけば、なんだか仕事の経験が豊富なように思われるから、つぶしがきくんだけどね。

そもそも、俺が間違っているのかもしれない。別に、アピールする必要もない場で、Perl,Python,Rubyなんていう単語出さないほうがいいのかもしれない。こちらはこちらで、Javaでプログラミングなんて、重たくて面倒でやってられんわけで、同じようなことをPerl,Python,Rubyでやれると思っているし、よりベターなソリューションだと思っているから、良かれと思って自己アピールしているわけなのに。

これじゃ、ダメだ。

Perl,Python,Rubyはもっと普及しないとダメ。普及しちゃったら、もっと少ない人数で開発出来るだろうから、プログラマはもっと少なくても住むようになるだろうね。。。それが怖いからやらないのか?あるいは、、C/C++,Javaプログラマを集めるのは容易だけど、Perl,Python,Rubyプログラマを集めるのが大変だから、最初から力を入れていないのか?

Javaの悪口言っちゃ悪いけど、あんなに面倒な言語で、重たい開発環境使って、大量の人間雇って、金の無駄だとか思わないのかね?この間、飲み屋で絡んで来たじじぃが、自慢げに"Javaの講師やっています"とか言っていた・・・。ほほぉ、何も知らない人間からすると、すごいITについて詳しいのねとなるんだろうけど、俺からすると、ちゃんちゃらおかしな話。

Perlの講師やっています、Pythonの講師やっています、Rubyの講師やっています、こんな言葉聞いたことがない。実際にはいるんだろうけど、数は多くはないだろう。現役バリバリでプログラム組んでて、講演という形でやっている人なら聞いたことあるけど。Perl,Python,Rubyプログラマは積極的な勉強姿勢がある人間が多くて、講師に教えてもらおうなんて考えやしないだろう。そんなもの、書籍とかマニュアル見て、自分でガリガリ動かして覚えればいいだけの話。

これが、Javaとかだから、講師なんていう職業が成り立つんじゃないのか?プログラミングに興味もない理系の学生が、間違ってIT系の職場に入ってきて、そういう奴ら相手に知識を教え、そういう奴らを従えてプロジェクト遂行していくから、講師の役割は大きくなるわけだ。そうすると、企業の規模も無駄に大きくなるし、金も無駄だと思うんだけどなぁ。。。

Perl,Python,Rubyはもっと啓蒙しないといけない。そう思った。決意した。