或阿呆のブログ

Pythonを好んで使っているプログラマです。Ruby,Perl,PowerShell,VBAなどでもたまに書いています。最近はスロット放浪記やってます。。

就職活動が有利になるたった0個の方法。

理系が有利

不正解。文系の学生も多いし、そもそも大卒じゃない人もいる。せいぜい、アフリカの人は足が速いと思われるくらいの根拠しかない。たしかに、その程度は差が着くんでしょうが・・・。

プログラミング経験者が有利

不正解。未経験者歓迎という求人多々あり。仕事入る前に、大学でやらされた以外でプログラミングをやっている人は、面倒臭い人の確率が高い。コンピュータの世界にネイティブという概念は無い。ネチズンっていうネット市民みたいな語はあったけど、生まれながらのプログラマはご存知のように皆無。99%の人はまともにプログラミングを始めるのは高校以降だろう。なので、18才からプログラミングをはじめようが、22歳からプログラミングをはじめようが一緒ってことなんだ。

若い人が有利

正解。これはどの業界でも一緒。

学歴は関係無い

不正解。強いて言えば、学歴の高い人のほうが有利。ただ、学歴が高い人はあちらからお断りを入れてくることが多いでしょう。

資格があると有利

不正解。ただ、英語の資格があるといいかもしれませんねぇ。

プログラマになりたくてこの記事を読んだ人は、別の仕事を探すことをお奨めします。