或阿呆のブログ

Pythonを好んで使っているプログラマです。Ruby,Perl,PowerShell,VBAなどでもたまに書いています。最近はスロット放浪記やってます。。

Haskellのインストールと実行

関数プログラミングを極めたくて、Haskellをはじめてみた。LispかHashkellか迷った。Lispのほうが言語のパワフルさは上?だと思うが、両方とも書籍を購入してみたところ、Lispのほうはかなり拒否反応が出た。とにかく、見づらく頭に入ってこない。なので、Haskellにした。Haskellという選択肢は悪くないと思う。LinuxMint14にも標準で入っていた。インストールが不要ってのがいい。
以下の書籍を購入。※Kindle版ではなく、書籍版。

すごいHaskellたのしく学ぼう!

すごいHaskellたのしく学ぼう!

すごいHaskellたのしく学ぼう!

すごいHaskellたのしく学ぼう!

Haskellのインストール

ghci入って入ればインストール不要

$which ghci
/usr/bin/ghci

と、パスも通っているので、インストール不要。

Haskellの実行

GHCi, version 7.4.2: http://www.haskell.org/ghc/  :? for help
Loading package ghc-prim ... linking ... done.
Loading package integer-gmp ... linking ... done.
Loading package base ... linking ... done.
Prelude> 

上記が表示されれば問題なく動いているということ。

Haskellのプロンプト'Prelude>'を'ghci'に変更する

Prelude> :set prompt "ghci>"
ghci>

インタラクティブシェルの使い方は、Viのコマンドモードみたいな感じ。コロンの後にコマンドを打つと、いろいろ出来るようだ。