或阿呆のブログ

Pythonを好んで使っているプログラマです。Ruby,Perl,PowerShell,VBAなどでもたまに書いています。最近はスロット放浪記やってます。。

「美しいコードを書けるからRubyを選んだ」

「美しいコードを書けるからRubyを選んだ」---Ruby on Rails作者 David Heinemeier Hansson氏:ITpro
これで合っているんだよね?!

基礎Ruby on Rails (IMPRESS KISO SERIES)

基礎Ruby on Rails (IMPRESS KISO SERIES)

↑を購入したんだけど、p.21に

美しいコードを書けるからRailsを選んだ

と書いてある。
実際にインタビューしたわけではないし、本意がわからないからどっちが真かは不明。どちらでも意味が通る気がする・・・。

小飼弾のアルファギークに逢ってきた (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

小飼弾のアルファギークに逢ってきた (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

これを読むと、なんでRubyで書いたの?と質問があって、柔らかい口調でのPHPのダメ出しとか、Pythonのダメ出しとかも書いてあるから、

美しいコードを書けるからRubyを選んだ

のほうが正しいような気がする。

が、

美しいコードを書けるからRailsを選んだ

こっちも正しいような気がする。

何故そう思うかというと、Rubyで書かれたプログラムが綺麗に見えない場合も多いと感じたから。自然と美しさが出てくるPythonとはちょっと違う。Rubyで美しくも書けるだろうけど、Perl並に気持ち悪い書き方も出来ると思われる・・・。ただ、世間一般的にRubyと言われる場合は、Ruby on Railsを差していると思われる。Ruby on Railsは確かに、ソースコードは綺麗なんだな。