或阿呆のブログ

Pythonを好んで使っているプログラマです。Ruby,Perl,PowerShell,VBAなどでもたまに書いています。おバカなことが大好きです。

Linux Mint 16 Petra 日本語入力設定

Windowsがお亡くなりになったPCが有ったので、Linuxをインストールしてみた。シェアだけで見ると、Ubuntuとかのほうが良いんだろうけど、直感的な使いやすさと、軽量さを考慮してMintにすることにした。Ubuntuのほうが日本語入力システムがパッケージ化されていて便利なのは事実なんだけど、Mintの日本語入力関連の情報もそれなりに充実していたので、ある程度しっかりした情報を選べば問題無いような気がする。

ちなみに、日本語化されたパッケージのMintを選択することは前提条件です。取り敢えず、Linux Mint 日本語支援サイト - リナックスミントを使おうの情報を信じて良いと思います。

自分の場合は、↑のサイトから、パッケージのiso選んで、DVDに焼いて、DVDでブートして、HDDにインストールしただけです。

f:id:oneshotlife_tom:20140316235709p:plain

システムディレクトリへのアイコンと、ホームディレクトリのアイコンしか配置されていないシンプルなデスクトップは好感が持てます。ちなみに、システム言語が日本語になっているからといって、即日本語が入力出来るわけではないので注意です。メニューとかは日本語で表示されているけど。

では、日本語入力が出来るようにする数ある方法のうちのひとつをご案内しましょう。

ソフトウェアマネージャーからibusをインストール

f:id:oneshotlife_tom:20140317000244p:plain

ソフトウェアマネージャーからibus-anthyをインストール

f:id:oneshotlife_tom:20140317000305p:plain

言語サポートをインストール

「メニュー」→「設定」→「言語サポート」を選択すると、インストールされていないモジュールをインストールしますか?的なメッセージが出るので選択してインストールをする。

「メニュー」→「設定」→ 「キーボード・インプットメソッド」を選択。

f:id:oneshotlife_tom:20140317000857p:plain
そこからanthyを選択して、追加を選択。

日本語入力エリアで、画面右下のキーボードアイコンを選択してanthyを選ぶ。

f:id:oneshotlife_tom:20140317001014p:plain
画面右下に↑こんなのありません?あったら、選択すると、さきほど追加したanthyが表示されるはずなので、anthyを選択。

これで日本語入力設定が完了

日本語入力設定ができたから日本語でブログが書けているのだw