読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或阿呆のブログ

Pythonを好んで使っているプログラマです。Ruby,Perl,PowerShell,VBAなどでもたまに書いています。おバカなことが大好きです。

嫌われる勇気に見られるところの不幸自慢 #アドラー

読書

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気

嫌われる勇気

p.89

自らの不幸を武器に、相手を支配しようとする。

不幸自慢の人にはこういう傾向があります。確かに、平坦な人生を歩んできた人より、不幸あるいは逆境にあった人のほうがネタにはなる。不幸であったという事実によって、優越感を得るというのが、不幸自慢の人の特徴。芸人に多いような気がする。ハゲだとか不細工を売りにする人。芸人の場合は、そこにユーモアがあるからいやらしくない。一般人で、特に話術もユーモアにも長けていない人が、ハゲとか低身長、貧乏を売りにしたところでそれが他人を支配することに繋がるかはあやしい。

平坦でいいじゃないか。特に栄光もなければ挫折もなく、幸も無ければ不幸もない。ブルーハーツの曲の歌詞みたいに。自分を権威付けるために、不幸だとかまで持ち出すのは違う気がするなぁ。