或阿呆のブログ

Pythonを好んで使っているプログラマです。Ruby,Perl,PowerShell,VBAなどでもたまに書いています。おバカなことが大好きです。

これからの書籍関連のアフィリエイトはKindleが狙い目なんじゃないか? #アフィリエイト

Amazonで売れてるKindle本情報を定期配信という、AmazonKindleストアのランキングを焼き直して、単純にブログで定期配信するという、なんの芸もないサイトを運営してからはや1週間が経ちました。Rubyで自動投稿するスクリプトを書いたので、1日20投稿ほどですがコンスタントに自動にやってもらっています。計算すると100記事以上書いたあたりから、ポツポツと反響が出てくるのではないかと思っていましたが、予想は的中しました!

昨日は、以下の2冊が売れました。

f:id:oneshotlife_tom:20141123000153p:plain

Kindle本は今まで力入れていなかったので、期待もしていなかったのですが、実績が出てくると期待も高まってくるのが人情。

で、で、で、最近になって気付いたのですが、Amazonの紙の書籍のアフィリエイト料率が4%→3%に下がったって知ってました?4%でも多少物足りなかったのに、3%だとテンション下がりますね本当に。

ところが、Kindle本のアフィリエイト料率って8%もあるんです!!!

紙の書籍のほうがKindle本よりも単価が高いから、入ってくる実入りは似たり寄ったりなんですが、Kindle本の中には単価が高い商品も数多くあるんですよね!紙の書籍よりも、2割、3割しか安くなっていないものもあるので、その単価×8%は意外と美味しいです。

これからはKindle本のアフィリエイトが狙い目なんじゃないでしょうか?Kindle本はこれから流行ると思います。

Kindle本のメリットは、

  • 紙の書籍より安い
  • 1つのリーダーに何百冊か入れられるので場所を取らない
  • 入荷待ちとか、配送待ちの時間がない
  • 環境にやさしい

というところが上げられます。

アフィリエイト料率が優遇されているということだけじゃなく、単純に時代の流れに合っているんじゃないかということが言いたいです。

もし、これから本のアフィリエイトをやりたい方がいらっしゃいましたら、Kindle本はおすすめします。