或阿呆のブログ

Pythonを好んで使っているプログラマです。Ruby,Perl,PowerShell,VBAなどでもたまに書いています。おバカなことが大好きです。

Effective Rubyの発売が楽しみ #Ruby

C++で携帯組込み系の開発をやっていたころにお世話になった、Effective C++ 第3版 (ADDISON-WESLEY PROFESSIONAL COMPUTI)。それはそれは名著でした。実際の開発現場では、それほどEffectiveなコードはお目にかからないだろうと言えるほどの質のコード。開発のスタイルとしては、既存のコードの改造がメインだったため、もっとEffectiveなコードを書こうと思っても、チャレンジングなことはやらせてもらえなかったため、結局その知識は存分に活かせなかった。

それのシリーズのRuby版がこれにあたる。RubyC++なんかに比べれば生産性は10倍は軽く超えるだろうと思う。*1もちろん、速度はC++には圧倒的に劣りますが・・・。それゆえ、Effectiveの伸び白がずっと大きいだろうから、本書を読んで得られるものは多いのだろうと予想。

発売が楽しみだ。今回は、*2予約購入はしません。

*1:作るものにも依るが、少なくてもWeb系とかであれば。

*2:ちなみに、前回とは「Rubyによるクローラー開発技法 巡回・解析機能の実装と21の運用例」ことで、予約でポチッと買っちゃいました。