或阿呆のブログ

Pythonを好んで使っているプログラマです。Ruby,Perl,PowerShell,VBAなどでもたまに書いています。おバカなことが大好きです。

労働時間15分未満切り捨てについて #アベノミクス

「15分単位の勤怠管理」っておかしくない? 遅刻は切り上げ、残業は切り捨て…

労働時間15分未満切り捨てについては、意外と、多くの企業でやっているようです。

  • 勤怠システムが15分単位を前提に設計されている
  • 元請けからの要望で15分単位で請求書を作っている

いろいろ事情はあるでしょうけど・・・。

東京労働局の資料から

ちなみに、いろいろググってみると、法の建前は、

1日の労働時間は1分単位で計算しなければなりません。端数を切り上げることは問題ありません
が、切り捨てることはできません。ただし、
1か月の労働時間を通算して
30分未満の端数が出た場合
には切り捨て、30分以上の端数を1時間に切り上げて計算することは認められています。

http://www.roumu.or.jp/data/pdf/20090310_roudou_warimashi.pdf
とのこと。

マクドナルドが行政指導を受けた前例もありましたね。

日本マクドナルドホールディングスが5月下旬に兵庫県内の労働基準監督署から「毎日の時間外労働を30分未満で切り捨てる処理は不適切だ」と是正勧告を受け、8月1日より直営2,725店で労働時間を1分単位で計算することに改めました。それにより在職、退職を問わず過去2年分の不払い賃金を支給することになりました。
時間外労働30分未満切り捨て処理は法律違反~マクドナルドが不払い賃金支給へ : 労務ドットコムの名南経営による人事労務管理最新情報

不払い賃金支払い訴訟について

裁判をすれば、切り捨てられた労働時間分の賃金を請求し勝ち取れると思われます。ただ、時給1000円とかのレベルで、1日数十分切り捨てられたところで、総額は微々たるところです。それを請求するコストとは見合わないような気がします。そういう場合は、マクドナルドの件でもそうだったように、労働基準監督署にチクって、是正勧告を出してもらうといいと思います。小額訴訟とかするのも手ですね。

アベノミクスで賃金は上がらないけれど

アベノミクスで賃金上昇を目指しているようですが、実際に賃金が上がった方は少ないようです。もちろん、経済情勢が良くならなければ賃金を上げるというのは実質的に難しいと思います。が、今までの慣習でおかしい処理をしていた部分について、もらえる権利がある賃金を正当に請求して、不払い賃金を貰えれば、実質的には賃金上昇になるんじゃないでしょうか?

自身の権利についてはしっかり主張していきたいですね!