或阿呆のブログ

Pythonを好んで使っているプログラマです。Ruby,Perl,PowerShell,VBAなどでもたまに書いています。おバカなことが大好きです。

定時に帰るビジネスマンは優秀か?

日本では定時に帰るという仕事の価値観が根付いていないと考える。

最近、本屋にいくと、デキるビジネスマンは定時に帰る的な本が多くて困る。

そもそも、日本の労働環境は残業してなんぼ。基本給が低めで、残業しないと収入が増えない。それでも、残業して収入増やすくらいなら、定時で帰って自由な時間を増やすと考える人ももちろんいることはいる。最近はそういう人も増えているのも事実。お金より時間を大切にする考え方ですね。

ところが、日本人って、無理してマイホームをローン組んで購入しちゃったりしますよね?あれが良くないと思う。年収が500万とかせいぜいそのくらいの人も、何千万とする家を購入してしまう。残業しないとダメな人生設計をしちゃっているんですよね・・・。その時点で、定時で帰る重要性をいくら説いたところで無理。背に腹は代えられない。

さて、デキる上司は定時に帰る的な書籍も多い。これらは評価出来る。役職が付いているビジネスマンは、残業給が出ない。*1その分、基本給が高い。いくら長く働いたところで、残業給が出ないのだから、早く帰るに越したことはない。実際は、仕事が終わらなくて、早く帰れない上司も少なくはない。そこは、まさに腕の見せ所だと思う。

デキる上司は定時に帰る (PHP文庫)

デキる上司は定時に帰る (PHP文庫)

近い将来、wikipedia:ワイトカラーエグゼンプションが本格的に導入されるでしょうから、残業してナンボという働き方は古くなると思われます。というか、無くなって欲しい。。。

*1:名ばかり店長とかは除きますよ。