或阿呆のブログ

Pythonを好んで使っているプログラマです。Ruby,Perl,PowerShell,VBAなどでもたまに書いています。おバカなことが大好きです。

自分の意志でパチンコスロットを辞められない人は、いくら禁止されても、いつかまたハマる。禁止されればされるほど賭け方が荒くなる。

パチンコスロット好きの方で、禁パチを考えたことが無い人に出会ったことはありません。それほど、パチンコスロットには痛い目を見るのです。どうしてかというと、パチンコの期待値は基本的には100%を切るからです。であれば、試行回数を重ねれば重ねるほど、負けがかさみます。一時的に勝つことはあっても、長期的に勝ちつづけることが出来る人は、ほとんど居ないかと思います。勝ったときには散財し、負けたときには負け自体が散財なので、基本的にパチンコスロットをする人は、散財しっぱなしなのでせす。パチンコスロットをやる人は金銭的な悩みを抱えている人が多いのは事実です。

じゃぁ、辞めればいいじゃないか?と思われるかもしれませんが、よほど意志の固い人でないと辞めれません。が、自分の意志で辞めないと後々さらにひどいことになるのでそれは覚えておいたほうがいいと思います。家族や彼女にパチンコスロットを禁止されると、一時的には禁パチ出来るのですが、家族や彼女のいない隙に、へそくりで打とうと考えるようになるのです。それも、悪びれもせず。。。自分の責任の範囲内でやるのだから問題無いだろうと言わんばかりに。こういった経験をしている方はけっこういらっしゃいます。そして、そういった方の多くは、束縛から逃れた瞬間、賭け方が荒くなっています。なので、いつもに増して勝つ額*1、負ける額が大きくなります。

何事においても言えることですが、自分自身をコントロール出来ないことが一番危険です。パチンコスロットは、自分の意志でやり自分の意志でコントロールするしかないです。他人が禁止したところで、こういった嗜好は治りません。酒やタバコよりも質が悪いですので・・・。

*1:いずれ負けることになるあぶく銭