読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或阿呆のブログ

Pythonを好んで使っているプログラマです。Ruby,Perl,PowerShell,VBAなどでもたまに書いています。おバカなことが大好きです。

「絶歌」元少年A_少年Aに同情してしまうところも多々あるんだよな。 #炎上

絶歌
絶歌
posted with amazlet at 15.06.11
元少年A
太田出版
売り上げランキング: 1
複雑な気分。悪い意味で話題性のある本だから、それなりに売れる。遺族の気持ちを思うと、可哀そう。Amazonのレビューも大荒れのようだ。星1つちょっとが平均なんて・・・。


↑評価されちゃいけないのか?永山則夫は良い文章書いてたぞ。少年Aはダメなの?


↑えぐい批評。でもしっかりと見るところ見てると感じる。


↑売れすぎです。最低点のオンパレードなのにね。でも、しっかりと売上に貢献してるんじゃん。これで儲かったお金は誰の懐へ?


↑これ読んだら、まじでV系のアルバムに見えてきた。。。

少年Aって32歳だったんだ。俺と1つしか違わない。ずいぶんと昔のことのように思える。世間を震撼さえた凶悪犯罪犯ははたして反省しているのか?そもそも反省なんて意味があるのか。命が戻ってくるわけでもあるまいし。

謝罪すればいいのか?謝罪されてすかっとするのは野次馬だけだろうに。

読めば読むほど、終わったことは仕方ないよなと開き直るしかないと思ってしまう。こんなこと言ったら批判されるかもしれないけど、彼が殺したのが俺だとか俺の家族以外だったから言えるんだろうけど、少年Aに同情してしまうところも多々あるんだよな。社会が悪いって言っちゃ語弊があるかもしれんがさ。