或阿呆のブログ

Pythonを好んで使っているプログラマです。Ruby,Perl,PowerShell,VBAなどでもたまに書いています。おバカなことが大好きです。

グレートギャッツビーとキャッチャーインザライが売れるのはなぜか?

キャッチャーインザライ原書(洋書)購入にあたって。ハードカバー/ペーパーバック/Kindle/野崎訳/村上春樹訳 - oneshotlife_tomの日記
グレート・ギャッツビー原書(洋書)購入にあたって。ハードカバー/ペーパーバック/オーディオブック/邦訳/ルビ訳/映画 - oneshotlife_tomの日記
↑こんなのを書いてから、売れて売れてびっくりしています。おかげさまで、アフィリエイト収入もちょこちょこ入ってきております。俺って悪い奴?ちょっとだけ言い訳しますと、書籍のアフィリエイトは儲かりません。儲けたいなら、もっと紹介料率が良いものを紹介したほうがいいです。それこそ、浄水器とかサプリメントとか。それにも関らず、私が書籍にこだわってアフィリエイトを続けているのは、本が好きだからです。本を買ってもらってアフィリエイト収入を得たいというわけではありません。本を紹介して、その結果として、アフィリエイト収入が得られて、それによって書いた満足感が得られるからやめられないのです。

ところで、グレートギャッツビーとキャッチャーインザライはなんでこんなに売れるんでしょうね?グレートギャッツビーを書いたのは、フィッツジェラルドという人で、キャッチャーインザライを書いた人は、サリンジャーという人です。世界にはもっと有名な人はたくさんいます。ドストエフスキートルストイカフカスタンダールなどなど。それでも、そんな有名な人の本よりも、グレートギャッツビーとキャッチャーインザライは売れています。

なぜか?内容の良しあしももちろんあるんだろうけど、世界の村上春樹が翻訳したからというのが大きいのではないかと思う。世界にどんなに優れた小説があろうと、村上春樹の小説のほうが売れるんですよ。ノルウェイの森なんかこんなに売れている。

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
村上 春樹
講談社
売り上げランキング: 4,198
ノルウェイの森 下 (講談社文庫)
村上 春樹
講談社
売り上げランキング: 9,613

グレートギャッツビーはこんなに売れている。

キャッチャーインザライはこんなに売れている。

海外文学は、原書で読むなら別として、翻訳者が訳をする。翻訳って、役者の文章力というか筆力が問われるんですね。村上春樹以外の翻訳者がダメとは言いませんけど、毎回ノーベル文学賞候補に上がるうえ、世界的に売れっ子の村上春樹には、筆力も話題も劣る。

グレートギャッツビーとキャッチャーインザライは村上春樹がひいきしている本。結果、原書も読んでみたいという読者も表れているんだろうと思う。

グレートギャッツビーとキャッチャーインザライが売れているのは、村上春樹のせいというかおかげというお話でした。