読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或阿呆のブログ

Pythonを好んで使っているプログラマです。Ruby,Perl,PowerShell,VBAなどでもたまに書いています。おバカなことが大好きです。

Windows-PowerShellのインタラクティブシェルについて

みるくたんに、良いプログラミング言語の条件を聞かれた。いくつか思いつくものがあって、教えてあげた。そのうち一つが意味不明だったらしい。

容易な実行環境であること

言いたかったのは、インタラクティブシェルを備えてるということ。

例えば、phpなんかだと、htmlにしかソースコードを書くことが出来なくて、実行結果を見るのは容易ではない。

インタラクティブシェルとは以下のようなもの。参考になればいいな。

PS>Write-Output $hoge #未定義の変数を使うよ

PS>$hoge = 1 #変数に1を代入するよ

PS>Write-Output $hoge #変数の値を出力するよ
1

PS>$hoge += 1 #変数に1加算するよ

PS>Write-Output $hoge #変数の値を出力するよ
2

PS>

ほぉら、実行しながら計算結果をすぐに得られるでしょ?これって重要。実行するまでに、いろいろとお手続きがある言語も多い。実行する頃にはなんでそんなコードを書いたかすら覚えていないこともある。一番最初の職場で、携帯電話の組込開発をやっていたんだけど、デバッグをするのにprint文を入れるわけ。ソースコードをちょこっといじって、コンパイルして、実機に焼いてというのに、1時間とか2時間かかるわけ。そして、ログを入れ間違っていたりして、またソースコードの修正からやり直しみたいな。どんなクソゲーだよ?

その点、インタラクティブシェルはいいねぇ。すぐにレスポンスが得られて快適。動かしながら学べる。これ、重要です。

みるくたん、わかったかな?!