読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或阿呆のブログ

Pythonを好んで使っているプログラマです。Ruby,Perl,PowerShell,VBAなどでもたまに書いています。おバカなことが大好きです。

ダーツを本格的にはじめました

ダーツのカテゴリなんかも作ってみちゃったりした。後々は、ダーツのブログを別個に作ってそちらに移行させたいと思う。ひとまず、当ブログに書き溜めておこう。

私がダーツに知り合ったのはかれこれ10年以上も前になる。25歳のときだったと思う。初めて就職した会社の仕事の都合上で新横浜に住むことになった。そのとき、マイミクの誰かがダーツをやっているというのを見て、その練習現場に興味本位でお邪魔したことがきっかけ。ダーツライブというオンラインのシステムを使ったソフトダーツがあるということを知った。手軽にゲームが出来、日本中*1のプレイヤーとデータを共有しながら楽しめるということは画期的だと思った。おそらく流行るだろうなと思った。

それから1年、私はそれなりのペースでダーツをやっていった。そこまでのめり込むわけでもなく、そこまで強くなるでもなく、細々と続けていた。ちなみに、私が通っていたダーツバーは、Yokohama honey's cafeというところで、横浜でも知る人ぞ知る、強豪プレイヤーが集まるお店だった。当時よく来ていたお客さんの中にはプロになった人もいるくらいだ。

そして、仙台に転勤することを境にダーツ熱は冷めていった。仙台はあまりダーツが盛んではなかった。もちろん、仙台の街中へ行けば、それなりにダーツバーがあるのだが、それほどレベルが高いわけでも無く、かつ、自宅から遠いということもあり、あまり投げに行くことも出来なくなってしまった。

それから8年くらい経過し、友人が黒川郡大和町にダーツバーが出来たという連絡をよこした。2016年10月くらいのこと。大和町は、車で15分で行ける。ふっかさんというお店だ。もともとはダーツバーじゃないんだが、ダーツマシンを置いてから、それを目当てに来るお客さんが増えて、今ではそれなりにお客さんがいる。強いプレイヤーは居ないのだが、皆真面目で、なかなかセンスも良い。いずれみんな強くなるだろうという予感を感じさせてくれた。Yokohama honey's cafeでは、強いプレイヤーにダーツを教えて貰う側だったが、ふっかさんでは、皆でダーツをしながらあれやこれやを考える。初心者も多いので、教える側になることも多くなった。能動的にダーツをやるようになって、ダーツが楽しくなった。気に入ったので、今では毎日ダーツをやっている。ダーツ漬けの日々だ。

これからが非常に楽しみだ。

*1:後々は世界中