読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或阿呆のブログ

Pythonを好んで使っているプログラマです。Ruby,Perl,PowerShell,VBAなどでもたまに書いています。おバカなことが大好きです。

Python初心者が選ぶ初めの一冊は何が良いか。

一度も考えたことがなかったので、今改めて考えてみた。

結論から言うと、Pythonははじめの一冊は買わないほうがいいという結論に(笑)

理由を言うと、Pythonは、インストーラさえ実行出来れば、取りあえず動くことは動くからだ。それから、入門者向のサイトの質が良いものが多いため、(他の言語と比較すると多くは無いが、質は良いと思う)、書籍で勉強するというスタイルが初学者には有効ではないと思うからだ・・・。

まずは、Pythonインタラクティブシェルで、ガシガシ実行出来るようにすることが重要。そして、ある程度慣れたところで、基本書として解説の濃いものを購入するのが良いと思う。

Pythonの書籍は、説明がくどいものが多く、初学者には苦痛だろう(笑)言語仕様はそれほど複雑ではないので、それほど分厚いものは必要ではないと思う。また、難しいプログラムを作成するには、外部モジュールを使うことになるだろうが、どんなアプリを作るかによっても本の選び方が変わってくるため、やはり、最初は書籍を購入しないほうが良いという結論になっちゃいますかね・・・。

ただ、これは読んでおいたほうがいいです。

Pythonチュートリアル 第2版

Pythonチュートリアル 第2版

Pythonの産みの親のwikipedia:グイド・ヴァンロッサムが書いた書籍です。Pythonの好き嫌いが別れるところは、言語仕様や市場シェア云々よりも、テイストによるところが大きいので、テイストが合わないと思ったら、さっさと別言語をやったほうがいいかと。