或阿呆のブログ

巷では、武器商人@ダーツで通っています。Python好き好きプログラマーです。芥川龍之介、太宰治が好きです。

C#でヒアドキュメント

ヒアドキュメントは意外と使うので覚えておきたい。

Sample Code(サンプルコード)

            string str = @"
line1
    line2
        line3
            line4
";
            Debug.WriteLine(str);

Result(実行結果)

line1
    line2
        line3
            line4

こんな感じで、改行も含めて、複数行の文字列を格納したい場合にはものすごく便利。もちろん、変数なんかも使える。書き方は、クウォーテーションの前に@をつけるだけと極めてシンプル。C/C++で自前で処理を実装していた頃を考えると、こんな便利な機能があるというのは、驚き。C#が生産性の高いといわれる所以の一旦。

もっとも、こんな書き方あるのかという期待に応えるだけのC#は頼もしい。スクリプト言語やっている俺からすれば、あって当然の機能だけど、スクリプト言語をやっている人間に煩わしさを感じさせずにコーディング出来るC#は評価に値する。