或阿呆のブログ

巷では、武器商人@ダーツで通っています。Python好き好きプログラマーです。芥川龍之介、太宰治が好きです。

俺が紫デッキを辞めようと思った理由。グリムの天使ラプンツェル&光楯の守護者イーディスで、コア除去耐性&呪撃耐性によってメタられたから。

紫中心のデッキを組んでおりました。

デッキの基本構成

コア除去と呪撃を中心に

キースピリット

  • 魔界七将ベルゼビート
7(3)/紫/冥主・呪鬼
<1>Lv1 6000 <3>Lv2 8000 <6>Lv3 10000
Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの召喚時』
自分のトラッシュにある【呪撃】を持つスピリットカードをコスト合計13まで、コストを支払わずに召喚できる。
Lv2・Lv3『自分のアタックステップ』
【呪撃】を持つ自分のスピリットのアタックによって相手のライフを減らしたとき、相手のスピリット1体を破壊する。
7(3)/紫/冥主
<1>Lv1 5000 <3>Lv2 6000 <5>Lv3 8000
Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
コアが2個以下しか置かれていない相手のスピリット1体を破壊する。
Lv2・Lv3『自分のアタックステップ』
【呪撃】を持つ自分のスピリットがアタックしたとき、相手のスピリット上のコア1個を相手のリザーブに置く。
Lv3『このスピリットの破壊時』
【呪撃】を持つ自分のスピリット1体につき、相手のスピリット上のコア1個を相手のリザーブに置く。

弱点

どんなデッキにも弱点はあるし、完璧っていうのは無いと思う。
が、どうしても決定的に勝てないデッキに遭遇したから。

大天使ララファエルをキースピリットにした黄色強化のデッキで、光翼の神剣エンジェリックフェザーとかも入っている。んで、低コストの強化用スピリットが多数。雑魚キャラを一掃しようと、ピスケガレオンとかで対抗しようとするのだが、エンジェロイドで復活してくるという・・・。ドローも強いデッキ。

んで、以下の二つのスピリットが出るともうおしまい。

3(2)/黄/雄将・天霊
<1>Lv1 2000 <2>Lv2 4000 
Lv1・Lv2
自分のスピリットすべてのコアの数は、相手によってLv1コストより少なくならない。
Lv2
相手のスピリットの効果によって自分のデッキが1度に10枚以上破棄されたとき、
破棄されたカード5枚までを好きな順番でデッキの上に戻す。

↑Lv1/Lv2効果で、コア除去耐性がある。なら、アンドラーで破壊と思ったが・・・。

  • 光楯の守護者イーディス
3(2)/黄/天霊
<1>Lv1 1000 <2>Lv2 2000 <3>Lv3 3000
Lv1・Lv2・Lv3
コスト3以下の自分のスピリットすべては、相手の効果で破壊されたとき、疲労状態でフィールドに残ることができる。
Lv1・Lv2・Lv3【強化】
自分の「BP-効果」を-1000する。

↑破壊時に疲労状態でフィールドに残れるようになる・・・。

相性が悪いと言えば悪いし、対策を立てられないかというとそうでもない。

例えば、こいつを入れるとか

  • 虚皇帝ネザード・バァラル
7(3)/紫/虚神・妖蛇
<1>Lv1 4000 <3>Lv2 8000 <9>Lv3 16000
自分のバーストをセットしていない間、手札にあるこのスピリットカードをコスト11にする。 
【不死:夜族】『お互いのアタックステップ』
トラッシュにあるこのスピリットカードは、
系統:「夜族」を持つ自分のスピリットが破壊されたとき召喚できる。
Lv1・Lv2・Lv3
相手のスピリットすべてのLvコストを+1する。
Lv2・Lv3『自分のアタックステップ』
【不死】を持つ自分のスピリットがアタックしたとき、相手のフィールドのコア2個を相手のトラッシュに置く。

でもそうすると、バァラル頼みのデッキになっちゃうんだよなぁ・・・。バランスも悪くなるし。

結論

BPの低い紫スピリット中心のデッキでは、黄色のBP-(マイナス)中心デッキでは分が悪い。今後、新しい弾が出たら、また紫に戻るかもしれないけど、今のところ紫では勝てないと諦めた。