或阿呆のブログ

巷では、武器商人@ダーツで通っていました。Python好き好きプログラマーです。芥川龍之介、太宰治が好きです。

賭博破戒録カイジ(1) (ヤングマガジンコミックス)

スポンサードリンク

カイジシリーズの中で好きな作品の一つ。前作の最後、ギャンブルで負けちゃったので、借金の額は変わっていない。借金をチャラにするあるいは、それ以上の金を手にするために、再度ギャンブルでそれを成し遂げようと、遠藤さんに掛け合うが・・・。

まったく掛け合ってもらえず、地下の強制労働施設に連行される。

気が付けば・・・・・
オレは
地の獄・・・・!

どこかの地中の底の底・・・・・・・・
亡者 巣食う
強制労働
施設にいたっ
・・・・・・・・!

この一節が残酷かつリアルに、庶民の俺の頭にすぅっと入って来た。

今オレは、31歳。現作品でのカイジが20歳ちょっと。国の借金が1人頭数百万円だっけか?!と言っても、金持ちの資産やらを抜けば、庶民の借金は1000万を超える計算になる。地獄でせっせと働く、ちょっと想像力を働かせれば、現実とさして変わらないんじゃないか・・・。笑えない笑える話。

この後、なけなしの金でビール飲んだり、チンチロで賭博やったりと、金の無いものの底辺ループが再現される。不思議と気付かずに、この底辺ループに陥ってもおかしくない。気付かずにね・・・。

福本さん、さすが庶民の感覚をわかってらっしゃる。