或阿呆のブログ

巷では、武器商人@ダーツで通っています。Python好き好きプログラマーです。芥川龍之介、太宰治が好きです。

IT系の人間に求められるもの

IT系のカテゴリ分けが曖昧過ぎて微妙なわけだが、曖昧でもいいと思う。詳しく書くと、プログラマだとか、SEだとか、その中でも、業務系だったりとか組込系だったりとか更にいろいろある。でも、こういう分類っていうのは、あくまでも便宜上のものに過ぎないと思う。大きなプロジェクトで、大人数の人間が必要とされる場合に、人を集めるにはこういったカテゴリってすごく便利。

ただ、ちょっとそういうことから離れてみる。非IT系の人から見て、IT系の人に求められるものは何か?!たぶん、PCに対する広い総合的な知識なんだろうね。

先日、見積書を書いてと頼まれた。Pythonプログラマの俺からすれば、畑違いなわけだけど、非IT系の人間からすれば、そんな専門的なことは知らねぇってことなんです。その他HPを作ってくれと頼まれたり、SEOを教えてくれと頼まれたり、インターネットの繋ぎ方を教えてくれと言われたり。もっと大まかな括りで言うと、パソコン教えてくれと言われたりもする。。。

そのたびに、

俺はプログラマだから、、、

と断っていたのでは、誰も仕事を頼んでくれないだろうね〜。

仕事は選んじゃいけないんだ。人から求められること=仕事だからねぇ。

そして、幅広い総合的な知識を持っていることに越したことは無い。たいていの場合、仕事を頼んでくれる人というのは、パソコンに対して過剰な期待を持っていたり、逆に何が出来るかまったくの無知だったりする。それでも、やりたい仕事と解決法を一応は持って、仕事を頼んでくる。その場合に、依頼者が考えた解決法がベストかというと、たいていの場合はそうではない。それなりにIT系を知っている人間が見れば、もっと良い解決策が見つかることは少なくない。そこに、IT系の人間の価値があるんじゃないかと。

あと、仕事の難易度と売上には比例関係は無いということを知っておくべき。営業努力と売上には比例関係はもちろんある。だから、ひたすらに技術を追求して向上させることは悪くはないのだけれども、その努力に対して金銭の見返りを求めるのは間違っている。営業努力も怠っては行けない。