或阿呆のブログ

巷では、武器商人@ダーツで通っています。Python好き好きプログラマーです。芥川龍之介、太宰治が好きです。

徹底抗戦

徹底抗戦
徹底抗戦
posted with amazlet at 13.10.03
堀江 貴文
集英社
売り上げランキング: 204,249
徹底抗戦 (集英社文庫)
堀江 貴文
集英社 (2010-10-20)
売り上げランキング: 266,431

ちょっと古いかな。徹底抗戦した後、負け、収監され、仮釈で出てきちゃったからねぇ。熱は冷めた状態と言えるかもしれない。売上ももちろんのこと落ちたし。話題性の落ちた本ってのは、売れないね。良い本であることに変わりはねぇと思うが。

もとは、戦時中の言葉ではなかっただろうか?太平洋戦争が劣勢になりはじめて、玉砕とか特攻とかが行われていた時期の言葉だと思う。その中でも印象的なのは、ポツダム宣言受諾後の厚木航空隊事件 - Wikipediaかな。

いわゆる玉音放送までは、聖戦と信じ、抵抗に抵抗まくった日本軍ではあったが、手の掌を返したような武装解除は潔くもあったけど、拍子抜けしたと言わざるを得ない。その中での、小園安名大佐の「徹底抗戦」(実際この言葉を使ったかは定かではないが)。

その相手がアメリカではなく、日本にすり替わったわけだけど。